築年数で賃貸物件を選ぶ

賃貸物件を探す場合には様々な条件をもとに探しますが、物件の築年数を最優先にして探す人も少なくありません。
特に女性の場合や新婚さんの場合などは、できるだけ新しい物件に住みたいと希望する人が多いため、築浅の物件が人気になります。
一般的に新しい物件ほど家賃が高くなる傾向がありますので、資金的に余裕がない場合には築浅の物件にこだわることはできません。
実際のところ、築年数が新しい物件であっても、古い物件であっても大きな差はなく、大切なことはメンテナンスがきちんとされているかどうかです。
新築の場合は別ですが、きちんとしたメンテナンスが十分にされていれば、ある程度の年数以上の物件の状況はそれほど変わりません。
ただ、設備に関しては差が出てきますので注意が必要です。
新しい物件ほど最新の設備を取り付けている場合があるからです。
とはいっても、設備の差は家賃の差になりますので、必ずしも築年数と関係があるわけではありません、