最新投稿

  • 築年数をしっかり確認しよう

    賃貸を選ぶときに見るポイントは人によって異なると思われます。
    デザインや収納、部屋の数、設備、セキュリティーなど様々なポイントがあります。
    ただ、決して見逃してはいけない点があります。
    それは築年数になります。
    古い物件は耐震基準が適用されていないものがあるので気をつける必要があります。
    建築基準法が改正され、耐震基準が適用されたのは1981年になります。
    それより以前の物件は選ばない方が賢明な選択だと言うことができます。
    多くの方が知っていると思いますが、日本は世界と比べてもかなり地震が起きやすくなっています。
    首都圏でも大きな地震が発生する可能性が高まっています。
    全国どこでも築年数をしっかり確認して、安心して住めるところを選んでください。
    耐震基準ができる前の物件は大きな地震に耐えることは難しいです。
    いくらデザイン性のある物件でも安全性が保たれていなければ避けるべきです。
    一番重要なのは安全性だということを忘れないでください。

    成果の出るWebサイト制作

    大阪のナイトワークを応援!

    色々な種類やサイズのシールを印刷しております

  • ①.賃貸 築年数

    賃貸物件を探す場合には様々な条件をもとに探しますが、物件の築年数を最優先にして探す人も少なくありませ …